長芋

長芋を長持ちさせ常に長芋が食卓に並ぶ方法を伝えます

投稿日:

長芋美味しいですよね。

出来れば買いだめして
毎日食べたいと思いませんか?

そうでもない?

いやいや体にいい事づくめですよ!

でも置いておいたら茶色くなって
いやーな思いしたことありませんか?

茶色くなくてもしばらく置いて置いた長芋で
とろろを作ったら茶色くなった

なんてこともあります。

それは保存方法が
間違っている場合に起こることが多いです。

正しい保存方法を知っていれば
長く保存しておけるんです。

買った長芋によって
最適な保存方法がありますので
ケースごとに紹介いたします。



ケース1:丸のまま(1本ままのもの)の長芋の場合

スーパーなどに売られている丸々の状態のながいもであれば、
新聞紙に包んで風通しの良い冷暗所に置いておくようにすれば1か月以上保存できます。

ただし、

気温が25度以上になるような時期であれば、
その状態で冷蔵庫に入れれば1週間持ちます。

一度の買い物で7本買えますね。

ケース2:カットされた長芋の場合

切り口がむき出しのもの。
空気に触れていると
乾燥したときに酸化が進んでしまいます

ラップでぴったりと包んで冷蔵庫へ入れておきましょう。

1週間程度はもちます。

なので一度の買い物で7本買えますね。

ケース3:大量に長芋がある場合

知人や農家さんから
たくさん長芋が送られて来て

どうしよう

と思った方いませんか?

そんな方のために
もっと長く保存しとく方法があります。

それは冷凍することです!

冷凍して大丈夫なの?

心配いりません大丈夫です!!!

皮を向いて丸のまま冷凍することも可能ですが、

おすすめは
すりおろしてとろろ状にして冷凍すること
です。

冷凍すると長いもの細胞が壊れてしまうので
長芋の特徴であるシャキシャキした食感が失われてしまいます。

とろろであればその心配もいりません。

冷凍保存袋に入れ、
解凍しやすいように薄い板状にして冷凍をしてください。

食べたい分だけ、
好きな分だけ

ぱきっと割って使えるので便利です。

解凍するときは自然解凍が良いです。

急速な解凍は長芋本来の味わいが
失われてしまいます。

注意してください。

冷凍しておけば一生長芋ライフを送ることができます。
7本と言わず食べたいだけ買いましょう!

是非みなさん Let’s NAGAIMO Life!!

-長芋

執筆者:

関連記事

誰かにすぐ話したくなる長芋と山芋の違い

冬は山芋ですね。 山芋、 食べてますか? 美味しいですよね。 実は山芋の旬は”今”なんですよ。 10月~3月(秋から春にかけて)の季節に旬を迎えます。 是非 食べて。 — 「そういや長芋っ …